カワセミkokotonのブログ
kokoton01.exblog.jp
トップ



"Wild Bird Photos Japan" from kokotonPAPA(D-SLR) & kokotonMAMA(Digisco)

by kokoton_kawasemi
About This Blog

◆自己紹介です →

◆【お詫び】写真はプロファイルを反映出来るブラウザで見ていただけると適正表示されます。



【Category in This Blog】

  0.全体 PageTop
  1.カワセミ類 Kingfishers
  2.猛禽類 Bird of prey
  3.季節の鳥/他 migrant / resident
  4.撮影機材 Tools
  5.やさしさ KINDNESS
  6.その他 Others



【kokoton's Blog Links】

( Birders )
  バーダーカワセミさん
  いくさん
  ターさん
  マータンさん
  sakuさん
  N_BIRDERさん
  ごしたいずらさん
  ショウさん
  UYANさん

( Non Birders )
  SiBさん
  inoemonさん
  roseringさん
  HANAZONOさん



300mm/f4 IS が直って来た
先日IS(手ブレ補正)が不調で入院していた300mm。帰ってきました。
修理で再現されてISレンズユニットが犯人である事がわかりました。
修理内容とコストは以下の通りでした。

1)ISレンズユニット     5,500
2)技術料金         12,000
3)消費税             875
     計          18,375

思いの外安いのが部品代。高いのが技術料金(工賃)ですね。
修理にかかる時間が1時間として、時間12,000円。2時間と
して6,000円。まぁ、何ともネェ・・・・。

皆さんお使いの方が多いレンズと思いますが、ISが故障するとけっこう
痛手ですね。
1DMarkⅡも600も良いですが、kokotonもこのレンズが良くてN社から
全セットをcanonに代えた事もある訳ですから、思い入れがあります。
[PR]
# by kokoton_kawasemi | 2005-03-04 20:06 | Ⅳ 撮影機材 Tools | Comments(0)
デジスコパーツのセット内容
今回のフィールドスコープとデジカメ以外のパーツはこんな感じです。
①接眼レンズ:ターボ30XWFA
②アダプター:ターボTA3
③レリーズ:ターボレリーズケーブル505
④レリーズステー:ボーグ汎用
それ以外にカメラ(CanonA95)用アダプター
と言う組み合わせです。
買ってはありますが、まだセットアップがイマイチなのは
⑤照準器:コンバット45
⑥照準器取付キット
ちなみに、雲台は以前kokotonPAPAが使っていたマンフロット
の501です。
さて、これから作品がどうなるのでしょう。それが問題です!
[PR]
# by kokoton_kawasemi | 2005-03-01 23:09 | Ⅳ 撮影機材 Tools | Comments(0)
デジスコデビュー
c0048103_185096.jpg

フィールドスコープです。ニコンED78ですね。
デジスコまで!?手を出すかって・・・・。これは実はkokotonMAMA用です。コンバーターも付かないファミリービデオでコツコツと撮っていたkokotonMAMAも買い替えの時期が来て、デジスコに変身となりました。

でも、まだコンパクトデジカメ等々が全くありません。とりあえずこのED78を手配したと言う事でスタート台にのぼっていませんね。kokotonPAPAも含めてこの世界は全くの素人。いろいろと伺いながらのスロースタートです。慌ててED78だけ入手したのは現行のED82であきらめていた処、情報が入り急遽手配したからです。以前のED78がイイ・・・なんて聞いちゃうと欲しくなっちゃいますよねぇ。

次は何? アッ、スコープって接眼レンズがないと見れないジャン! う~ん、デジスコドットコムの30×かネェ?????
いつになったら使えるか。それが問題だ。
[PR]
# by kokoton_kawasemi | 2005-02-20 19:01 | Ⅳ 撮影機材 Tools | Comments(0)
ウィンバリーヘッドの個人輸入
野鳥撮影に必要な長玉の雲台で困っていたkokotonはウィンバリー(WH-101 Wimberley Head with Quick-Release)に変更を検討しました。でも高いなぁ・・・・・。
そこでネットで個人輸入を検討しましたね。まぁ、クレジットカードの安全性というハードルはあるものの過去の経験で安い早いと思ったわけですね。

ネットからは簡単に申し込みが出来ます。おまけに登録から入手までは実質3日!という早さ。これなら国内の通販と同じでしょ。
次のURLからウィンバリーに行けますよ。
http://tripodhead.com/index.cfm
デリバリーはUPSと言う米国スタンダードの会社が、メールを送ってくれて常時商品の状態をHPで確認できるようにしてくれます。

c0048103_16331418.jpg
到着はこんな感じです。なんともコンパクトでしょ。
輸入の手続き、税金等、もUPSが代行してくれるので安心。今回の税金は1800円でした。

c0048103_16352358.jpg
空けると、中身はこんな感じですね。バラバラとはいってもこの程度ですから、取説なんかなくても全然大丈夫な感じですよね。

c0048103_16363017.jpg
実質組付けはレンズにプレートをセットも含めて10分程度です。
これでOK!

脚をGITZOのG1548にすると、マンフロット#501(Manfrotto #501)+600mm/F4ISでは重量オーバーしていたのが嘘の様にきっちりと固定してもブレさえもイイ感じ。
もちろん、ジンバルなので動かす場合には言わずもがなです。

国内購入するよりも2万円くらいの安さでしょうか。ギャランティーも60日間です。

【キングコブラとの比較】
この手のジンバルタイプですと、やっぱりキングコブラ(King Cobra Action Heads)との比較でしょうか。
http://www.kirkphoto.com/cobra.html
キングコブラはレンズを横向きにセットする事で、面倒な上下重心を簡単にとる仕組みですね。(上記HPを参照してください)
コストも少し安めです。kokoton的には横向きでセットする事の心配と、左右バランスがうまく取れない事を勘案して今回は止めました。まぁ、左右バランスはそんなに気を使う必要がないと思いますが。お使いの方の感想をお聞きしたかったのですが、見つかりませんでした。
また、ウィンバリーにも横持ちタイプがありますが雲台ベース部分がなく、Arca-style platesの受けられるプラットフォームを持つボールヘッド雲台を準備しなければなりません。すると、コスト的には大きなハンディとなってしまいます。

さて、皆さんのご感想はいかがでしょうか?
現在は、Version II(WH-200 Wimberley Head Version II )になっていますね。米国らしく?今までの製品をOld Wimberley Headなどと言い放っております。(笑)
基本的な部分は変わっていないようですが、
①ボルト結合されていたArca-SwissのクイックプレートがBuilt-inタイプに
②約25%の軽量化と、若干の小型化
③パン方向固定が、横位置に
④そして、値上げ (爆)
と言った感じですね。
 
実は私の方は、ウィンバリーを放出してZachtlerのDV8に変更しています。これは最高です。興味のある方はこちらからどうぞ。

☆ 野鳥撮影機材についてはこちらからどうぞ。
  http://kawasemi.kokoton.net/satsuei/


.
[PR]
# by kokoton_kawasemi | 2005-02-01 16:55 | Ⅳ 撮影機材 Tools | Comments(0)