カワセミkokotonのブログ
kokoton01.exblog.jp
トップ



"Wild Bird Photos Japan" from kokotonPAPA(D-SLR) & kokotonMAMA(Digisco)

by kokoton_kawasemi
About This Blog

◆自己紹介です →

◆【お詫び】写真はプロファイルを反映出来るブラウザで見ていただけると適正表示されます。



【Category in This Blog】

  0.全体 PageTop
  1.カワセミ類 Kingfishers
  2.猛禽類 Bird of prey
  3.季節の鳥/他 migrant / resident
  4.撮影機材 Tools
  5.やさしさ KINDNESS
  6.その他 Others



【kokoton's Blog Links】

( Birders )
  バーダーカワセミさん
  いくさん
  ターさん
  マータンさん
  sakuさん
  N_BIRDERさん
  ごしたいずらさん
  ショウさん
  UYANさん

( Non Birders )
  SiBさん
  inoemonさん
  roseringさん
  HANAZONOさん



野鳥撮影で使う CANON EOS 1DXmark2 のインプレッション
.
c0048103_13125939.jpg1DsMark3以来、CANONでは久しぶりのフラッグシップ機導入です。
2年前にNIKON D4を手放してから もうフラッグシップ機は不要だと思っていましたが、1DXmarkⅡが出たのを期に導入してみました。さて、久しぶりの1D系ボデーはどうだったでしょう。

野鳥撮影なら今や7Dmark2も進化したけど、なるほどフラッグシップ機ですね

というのが印象ですね。で、画質優先だった5Dmark3とメインボディの入替です。
以下、個人的な嗜好による実感です。(比較イメージはNIKON D4, CANONは5Dmark3, 7Dmark2ですね) 過去の使用機材変更経緯はこちらから


≪インプレッション≫
[2016-7/8 追記・修正済み]

■Good!■

【解像感】
1) 各感度の解像感
標準感度〜高感度での解像感が上がっていますね。(CANONどうし、natural設定で比較です)
ただ、基本的にスポーツを含めた報道用なのでベースのシャープ設定自体がやや高いのかもしれません。

2) 光が薄いターゲットの解像
普通は天気が悪い時や遠い時、光量が不足すると どうしても解像感は下がりますね。
期待もしていない内容でしたが撮ってみて思いの外の切れ味があり、嬉しいことでした。他機種に際立ちます。


【露出特性】
1) ラチチュード
ヒストグラムをチェックしても明らかに高いです。暗部や明部に余裕があり安心感がありますね。個人的にはここが一番気になりましたが、今まで使った中ではダイナミックレンジは一番広いでしょう。(5Dmark3の方が落ち着いた絵作りでしたが、1DX2の方が安心感があるかもしれません)

2) AE精度
±0での露出精度が高いですね。露出補正はもちろん必要ですが、ラチチュードの高さと合わせて必要以上に露出補正に気を使わないで済みます。(撮影時の基本設定は露出優先、開けた場所ではマニュアル設定です)


【高感度(画質)特性】
画質は高感度でもシャープさが残りながら適度な荒れですね。
個人的に野鳥撮影ではターゲットが鳥の羽になるので高感度でもシャープさを残す事は大切だと思います。あとはそのまま使うか、NRをどこまでかけるかですね。

1) 暗い場所
ISO3200までは十分に行けますね。最近の現像ソフトはかなりシャープさを残しながら対応できるので最高ISO6400までは絵が崩れないので使えそうです。(早朝,日没直後,暗い雨の森,等)

2) 明るい所
SS稼ぎならISO1600は安心して使えますね。7D2では荒れが感じられますが、1DX2は心配ありません。(800mm/f5.6で曇り空の猛禽飛びモノ、露出M設定では特に有効ですね)



【AF】
飛びモノの初動の食いつきが今ひとつな感じですが、あまり問題ありませんね。今やカメラがどのような状況でも早く確実に捉えてくれます。コンピューターの進化がそのまま直結して、飛びモノ撮影は今やゲーム感覚ですw

1) 飛び物セッティングの許容性
被写体追従性等のAIサーボ各特性をカスタマイズのマイメニューに入れて撮影環境により都度調整するとより効果が大きいですね。例えば大型猛禽飛びモノでは"粘る"を入れるのは効果が大きいです。

2) 背景が近い飛びモノ
よく問題になるわけですが、改善の効果が感じられてピントはきますね。これも猛禽撮影では特に有効に思えます。

3) コンティニュアスAFでの止まり物ピント精度
実は個人的にはこれがかなり助かります。AFはAIサーボ設定が基本なので、止まりモノの撮影で微妙に外す事が減るのは確実ですね。(操作ボタンカスタマイズでM-Fn2にワンショットAFへの切り替えを設定してはありますが…)

4) AFスピード
800mm/f5.6でのスピードが速くなったのが実感できます。(f8.0の追従性もよくなっていると思いますが、未確認です)



【その他】
1) ミラーショック
以前の1D系(1DXは使っていないのでわかりません)では、ブレにつながる程のミラーショックがありました。1DX2では静音シャッターでなくてもスローシャッター可能な感じです。

2) 連写モード
当たり前の事ですが、14コマ/秒は動き物では有利に決まってますね。当然 飛びモノでもより良いカットが撮れる可能性は上がります。
1DsMark3以来 静止した写真か猛禽飛びモノ中心で、野鳥撮影を始めた頃のカワセミの水面飛び出しの様なキワモノ風な写真はあまり撮れませんでした。でも少し心境も変わかもしれません。ヾ^^;



■Not so good■

【CFast 2.0カード】
何よりCFカードとCFastカードの2スロットルは面倒です。CFastを今後メインにするのなら、CFastの2スロットル化で良いのでは。(過去の資産流用配慮なら、このクラスでは不要でしょう。ましてや業務用ベースのカメラなら)


【価格】 (笑)
適正なのかわかりませんが、5-6年後くらいには7D系(APS-C)でもこのくらいの機能になるかも。
(PCと同じで、価格帯と機能レベルは欲しい時が買い時ですね)


≪使ってみて≫

1) 「画質」「AF能力」「高感度耐性」「画素数」が高バランスで、個人的に満足度が高いです。
今やピントはAF、手振れはIS、露出はAE(Mも使いますが)、全部カメラが人間よりも精度高くやってくれます。(笑)
おまけに高感度・画素と言った画質向上さえもここまで来ると、以前の様に犠牲にするものが見当たりません。
(画質を取れば、連写性や高感度耐性を犠牲に…といった)

2) 最近使ったCANONで比較してみると次の様な感じでしょうか。(1DXを使っていないので画竜点睛を欠きますが)
   [画質*] 1DXmark2 ≧* 5Dmark3 > 7Dmark2
   [AF] 1DXmark2 > 7Dmark2 > 5Dmark3
   [それ以外**] 1DXmark2 ≧(≒??) 7Dmark2 ≧(≒??) 5Dmark3

 *高感度では (1DXmark2 >* 5Dmark3 > 7Dmark2)
 **APS-C(7Dmark2)の画角×1.6倍の有意差は存在しますね

久しぶりのフラッグシップ機はやっぱり充実。「これが無ければ撮れない写真」は無いでしょうが、より楽に確実に撮れるのは間違いないでしょう。

☆ 使用野鳥撮影機材についてはこちらからどうぞ。
  http://kawasemi.kokoton.net/satsuei/


.
[PR]
# by kokoton_kawasemi | 2016-05-28 11:29 | Ⅳ 撮影機材 Tools | Comments(2)
山で待つのが気持ち良い季節のクマタカ
[ Mountain Hawk-eagle ]

Mountain Hawk-eagle is "KUMA-TAKA" in japanese. KUMA means a bear and TAKA means a hawk. KUMA also means a horn. Named KUMA-TAKA because Its crest looked like horn. Now a days all most japanese are imaging a bear maybe by hearing KUMA. Just one opinion, right!

二人での猛禽撮影、欠点は見つけるのが遅くなる事ですね。この時も気が付いたら既に目線まで上がってました。カメラを構えた時には空抜け、季節感も風物感もない寂しい飛翔になっちゃいましたね。
c0048103_18563141.jpg
  「気が付かなかったねぇ。でも、飛んでくれて良かったね」
  『来た甲斐があるって事でOKじゃない?! 気持ち良かったしね』
c0048103_1857033.jpg

写真をクリックすると大きめで見ていただけます


出来れば月に二回は撮影に!! ゆっくり待って撮る、それが楽しい一時に感じられます。


.
[PR]
# by kokoton_kawasemi | 2016-05-17 19:01 | Ⅱ 猛禽類 Bird of prey | Comments(4)
キビタキ 2016年:春色三景
[ Narcissus Flycatcher male of Japan ]

We look for Narcissus Flycatcher male every spring in a few place beside woods. So it's a one of the notable bird of summer migratory in Japan. Having photogenically beautiful yellow and beautiful song.
We took photos of them against the forest deep green, the cherry blossoms pink, and the young leaves green.


例年キビタキとオオルリを撮りに行く場所、今年はいずれも鳥影が少なかったです。前回は一ヶ所でオオルリだけ、今回は二ヶ所でキビタキだけでした。いずれ静かに自由に撮れる場所なので、それ以上贅沢は言えません。^^ゞ
c0048103_10404053.jpg
c0048103_10411655.jpg
c0048103_10414173.jpg

写真をクリックすると大きめで見ていただけます


先月とても久しぶりにベテランお二人とお会いする機会がありました。片や撮影メイン、片や多趣味という好対照。共にご夫妻、kokotonPAPAよりもやや年上という共通点以外にも似ている点がありました。
それは以前に増して懐の広い優しいスタンスを持たれていた事です。年を経てこそ、そうありたいものですね。

普段、年に数回、撮影でご一緒するのは 殆どが 今や家族付き合いの飲み仲間?wです。これもまた楽しい世界で、野鳥撮影に感謝ですね。


.
[PR]
# by kokoton_kawasemi | 2016-05-05 10:43 | Ⅲ 季節の野鳥/留鳥 Migratory | Comments(6)
オオルリ 2016年 : 春ニ景
[ Blue-and-white flycatcher of Japan ]

Blue-and-white flycatcher breeds in far east as summer migratory. And also known as the Japanese flycatcher.(From Wikipedia) The Japanese flycatcher?!, really?
The male certainly had been recognized a beautiful songbird in Japan since long ago. That's correct!
c0048103_8232778.jpg
春の鳥というとやっぱりオオルリ♂とキビタキ♂ですね。今年はちょっと早めに行って来ましたが、鳥さんが来るのは例年どおり。オオルリ先陣到着直後の様でした。
c0048103_8235114.jpg

写真をクリックすると大きめで見ていただけます

[PR]
# by kokoton_kawasemi | 2016-04-22 08:27 | Ⅲ 季節の野鳥/留鳥 Migratory | Comments(6)
ツミと桜 2016年
[ Japanese Sparrowhawk with Cherry blossoms ]

In spring of Tokyo, people can enjoy cherry blossoms everywhere. And for birdwatchers it's also the season of Japanese sparrowhawk coming as summer migrant. We fortunately witnessed the Japanese sparrowhawks in the full bloom of cherry blossoms at the park. Of course I shot them intently by camera with excitement in this good circumstances. A great time we got!
Special thanks to Mr. T, Mr. K, and Mr. I.

c0048103_14335430.jpg
久しぶりの桜とツミ、今年はゆっくりと撮影するチャンスをいただきました。撮影結果はさておき、その環境は楽しさいっぱいで とても素晴らしい時間でした。
c0048103_14343752.jpg
 横構図のツミ♀だけですが、数枚…
c0048103_1435094.jpg
 今は巣作りと交尾ですね。今年もきっと無事に繁殖に成功してくれるでしょう。
c0048103_14353469.jpg

写真をクリックすると大きめで見ていただけます



.
[PR]
# by kokoton_kawasemi | 2016-04-11 14:44 | Ⅱ 猛禽類 Bird of prey | Comments(6)
桜カワセミ 2016年 at 野川
[ Common Kingfisher in spring of Japan ]

Cherry blossom pink, Canola flower yellow, and Common Kingfisher at an urban creek. That's a spring scenery of Tokyo.
この季節ご近所撮影のお約束、ピンクと黄色の春色でのんびりと穏やかな時間でした。
c0048103_18225214.jpg

写真をクリックすると大きめで見ていただけます

[PR]
# by kokoton_kawasemi | 2016-04-06 18:24 | Ⅰ カワセミ類 Kingfishers
シマアジ 2016年 at 野川
[ Garganey in Japan ]

Garganey is a small dabbling duck and a rare bird of Japan. Sorry! I'm not interested to waterfowl, so I can't explain about Garganey.
c0048103_19335342.jpg
ご近所なのに3月末まで その存在を知りませんでした。(笑)
二人でカワセミを見に行ったら変わったカモがいるので、教えてもらいました。普段はもっと上流にいるとか…
c0048103_19341567.jpg
いずれカモ類はお手上げですし、珍鳥には全く疎いですw  鳴き声がちょっと変ってるカモ…^^ゞ


写真をクリックすると大きめで見ていただけます

[PR]
# by kokoton_kawasemi | 2016-03-30 19:39 | Ⅲ 季節の野鳥/留鳥 Migratory | Comments(4)
ワカケホンセイインコ : 春色バトル?!
[ Rose-ringed parakeet with cherry blossoms ]

The rose-ringed parakeet, also known as the ring-necked parakeet, is an alien species in Japan. Maybe a pet went feral. They are males because having a red or black neck ring. That's tropical color is not match to japanese nature like cherry blossoms.

野鳥じゃない?! ですね。(笑)
桜のピンクにとまるワカケの黄緑を合わせようと縦構図にしたら、いきなりの♂同士バトル。とりあず納まってくれました。まぁワカケでも…
c0048103_18444041.jpg
楽しい時間、楽しいシーンでしたね。^^
c0048103_13571894.jpg
(下の写真を追加アップしました)


写真をクリックすると大きめで見ていただけます

[PR]
# by kokoton_kawasemi | 2016-03-28 18:47 | Ⅲ 季節の野鳥/留鳥 Migratory | Comments(4)
アオシギ:渓流の流れ
[ Solitary Snipe of Japan ]

The Solitary Snipe inhabit the east asia and the east of Russia. Many of them are sedentary in the high mountains and a part of them are migratory. In japan winter migratory. We watched it at a mountain stream. We, however, couldn't recognize easily it by protective coloring.

あまり撮らないシギチですが、渓流がきれいだったのでスローシャッター(SS:1/20)で撮ってみました。見事に保護色でした。
c0048103_7154184.jpg

写真を撮れる環境に居られる事、それが良いですね。^^


写真をクリックすると大きめで見ていただけます

[PR]
# by kokoton_kawasemi | 2016-03-13 07:18 | Ⅲ 季節の野鳥/留鳥 Migratory | Comments(6)
ケアシノスリの若 2016年
[ Rough-legged buzzard immature in Japan ]

Rough-legged buzzard is a one of the popular bird of prey in winter, because more whitish than Eastern Buzzard. And Eastern Buzzard is a resident but Rough-legged buzzard is a migratory in Japan. We watched a immature bird at the desolate plain under strong wind. Strong wind made it hovering without flapping.
c0048103_6333535.jpg
現地には夕暮れ前に入りましたが強風。荒涼とした台地に居たのはケアシノスリだけでした。確認のため車から下りたら、若らしく近くの灌木にとまってこちらを観察。

風はあまりに強くホバリングでも羽ばたきません。こんな感じで空中にとまっていました。
c0048103_6341249.jpg

たとえ写真は撮れなくとも、自然の中に出かける事は素晴らしい時間だといつもの事ながら実感します。^^


写真をクリックすると大きめで見ていただけます

[PR]
# by kokoton_kawasemi | 2016-03-06 06:37 | Ⅱ 猛禽類 Bird of prey | Comments(2)
キタキツネ と オジロワシ
[ Ezo red fox VS White-tailed sea eagle ]

c0048103_735130.jpgEzo red fox is a subspecies of Red fox and inhabit Hokkaido prefecture in Japan. "Ezo" means Hokkaido in old japanese.
We sometimes watched Ezo red foxes in Hokkaido, but the first encounter of the battle of them at that time. They wallowed in the snow with fighting for a bait. The bait was a fish.
Suddenly a white-tailed eagle appeared! Ezo red foxes were frightened in a moment.
The ezo red fox having the bait immediately ran away. The other ezo red fox and the eagle were chasing after the escaped fox.
Happened in a flash. So the first experience for us. Of course the aim of the eagle was not a fox but a bait.
:")
c0048103_75397.jpg
餌をめぐるキタキツネの雪中バトル。見ていたらオジロワシ参戦!! オジロが視界に入った瞬間、レンズをワイド側へズーミングしながらカメラを構えましたが、まさに一瞬。あっという間の出来事でした。



写真をクリックすると大きめで見ていただけます

[PR]
# by kokoton_kawasemi | 2016-02-29 07:42 | Ⅵ その他 Others | Comments(4)
羅臼のオオワシとオジロワシ 2016年
[ Steller's sea eagle and White-tailed sea eagle in Japan 2016 ]

RAUSU is a one of the most famous wild bird watching point for sea eagles in the world. Especially known as sea eagle and drift ice. But no drift ice close to the shore in this season. We unfortunately had no choice but to take photos of sea eagle without drift ice. Although, Steller's sea eagle and White-tailed sea eagle are look of very fearless. So we love them and come here every winter from Tokyo.

今年は流氷が羅臼に来ていませんでした。この後も多分来ないかも… でもこちらでは、海ワシは至る所で見られますね。流氷無し、船に乗らない撮影も普段と違ってまた乙なもの?!
c0048103_1604159.jpg
目の前 ほぼ目線高さにとまったオオワシの飛び出し。これほど近くて真っ正面は初めてです。手持ちのズームレンズで。(引きのワイド2枚も)

c0048103_1624320.jpg
やたらと とまっていますね。
c0048103_1631312.jpg
c0048103_1633691.jpg
c0048103_164913.jpg


羅臼市街上空を飛びまくります。ついついオオワシ成鳥を狙いますが、オジロの成鳥が精悍でいいですね。
c0048103_1644361.jpg
c0048103_165918.jpg


国後島の泊山を背景に。
c0048103_20454447.jpg

冬はスノーボードがメインなので、撮影だけで雪国へ出かけるのは今シーズンこれが最初で最後。昨シーズンは北海道行きを取りやめましたが、今年は流氷が無くとも行って良かったなぁ って思います。
北海道行きは単に写真を撮るのではなく、二人で冬の自然の中にいる楽しみを味わいに行くのかもしれません。




写真をクリックすると大きめで見ていただけます

[PR]
# by kokoton_kawasemi | 2016-02-25 16:12 | Ⅱ 猛禽類 Bird of prey | Comments(2)