カワセミkokotonのブログ
kokoton01.exblog.jp
トップ



"Wild Bird Photos Japan" from kokotonPAPA(D-SLR) & kokotonMAMA(Digisco)

by kokoton_kawasemi
About This Blog

◆自己紹介です →

◆【お詫び】写真はプロファイルを反映出来るブラウザで見ていただけると適正表示されます。



【Category in This Blog】

  0.全体 PageTop
  1.カワセミ類 Kingfishers
  2.猛禽類 Bird of prey
  3.季節の鳥/他 migrant / resident
  4.撮影機材 Tools
  5.やさしさ KINDNESS
  6.その他 Others



【kokoton's Blog Links】

( Birders )
  バーダーカワセミさん
  いくさん
  ターさん
  マータンさん
  sakuさん
  N_BIRDERさん
  ごしたいずらさん
  ショウさん
  UYANさん

( Non Birders )
  SiBさん
  inoemonさん
  roseringさん
  HANAZONOさん



<   2015年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
野鳥撮影で使う CANON EF500mm F4L IS II USM インプレッション
撮影機会が少なくアップネタがないので機材紹介です。^^;

 ◇昨年NIKONのセット(AF-S NIKKOR 600mm F4G ED VR, D4)を放出してCANONに機材統一しました。
 ◇現在、長玉はEF800mm (F5.6L IS USM)とEF500mm (F4L IS II USM)です。
 ◇CANON500mmは、過去EF500mm F4.5L USM、EF500mm F4L IS USM、そして現在のII型と使って来ました。

と言った事を前提に、今回は800/5.6のインプレに続き今更のII型インプレです。使用ボデーは5Dmark3です。

c0048103_1524223.jpg[CANON EF500mm F4L IS II USM]
This is a very useful super-telephoto lens.

If you take the super-telephoto lens with body and are hunting wild birds in nature, this lens will make you getting the chances for taking pics widely.

So I do it!

i) Lightweight and compact
  - only a short of 100mm focal length against 600mm/f4
ii) Sharpness
  - not only sharp but also "bokeh" upgraded better than old type I
    ("bokeh" means the image quality of out of focus)
iii)High-speed focusing
  - also high-speed with teleconverter new III
iv) Improved ImageStabilizer
  - especially new mode 2 (auto changing between target's stop and move)
v) Shortest distance 3.7m (10m by AF focus-limit)
  - 6m in 800mm/f5.6 (20m!! by AF focus-limit)

◆ メリット  ・・・下記の基本性能全般
◆ ディメリット・・・特になし

≪基本性能≫
① 画質
 描写で感じるのは、旧タイプ(I型)にあった二線ボケが弱くなった事でしょう。ボケ味も良く、ゴチャゴチャした背景もかなり好みにボケてくれます。(それでも800mm/f5.6より劣りますが…)
解像感は800/5.6を上回るくらいの感じですし、テレコン(EXTENDER EF1.4×III)を入れても十分に耐えられます。その際は 明るさf=5.6で800と同じ、画角差800 vs 700で100mmしかありません。
こうなるとメインで使える様になりますね。

② AutoFocus
 より速くなった気がします。テレコン×1.4(III型)を入れてもスピード感は十分あります。例によってフルフォーカス最短距離から いきなり∞近い遠距離へのフォーカッシングにややもたつきはありますが、まぁ実用上は全く心配ないでしょう。
フォーカスリミットを入れて最短距離10m (800は20m)ですからいいですよね。

③ 機材サイズ
 とにかく軽い、それが実感できます。600→800へ変えた際も軽さを実感しましたが、それよりもはるかに「おっ、軽っ!」って感じです。昔の500/4.5はとても小型軽量でしたが同じくらいの感じがしちゃいますね。もっとも今の比較イメージの相手が800とN社600になりますから、当然ですが。(汗)

④ IS (手振れ防止)
 効果が4段分になりましたね。大型猛禽のゆったりとした飛翔にはファインダー上でISの揺り戻しの無いmode3がいいかもしれません。三脚使っている訳ですからmode2固定とか、相変わらず飛びモノはISを使わないとか、やってますが。

◆軽量化とIS改良とを合せて手持ち撮影の可能性がUPしています。寄りかかるとか体を支える状況があれば手持ちで撮れますね。構えたままでシャッター待ちするのは無理です!(笑) 三脚の立てられない状況で大物の飛びモノとかなら十分に行けるでしょうね。
それよりも個人的に大きいのは車の中からの撮影です。軽量化もさることながら小型化のメリットがとても大きいです。車中で800を使って左右の窓への振りは簡単には行きませんが、これはクルッと行けちゃいます。ちなみに車中での三脚使用はしません。三脚座に子供用の靴下をはかせてウィンドグラスの高さ調整で撮りますね。(車中撮影の機会は割と多いです)

≪気になる追加機能≫
 AFパワーフォーカスが付きました。ピントメモリーリングがPFモードで電動フォーカスリングになります。これはmovieには強い味方でしょうね。ストロークの深さで2段階にスピードが変わります。サードパーティーから動かし易いアダプターが多分出ているでしょう。カメラ側も最近はCMOSにAFセンサーが付いてきているので、そうなると長玉movieが俄然面白そう!

≪問題≫ レンズの機能ではありませんが…
 三脚セット時のバランスが悪いです。軽量化のおかげで、従来の雲台位置(ザハトラー)ですとボデーの重さが勝って最も前に出してもレンズ側が上を向いちゃうバランスです。レンズプレートを特注のFYプレートからザハトラーに戻し、前後逆セットするとより前に出せます。これバランスセンター出しOK。当然雲台の前後が逆になりますが、この手の雲台なら何の問題もありませんね。
c0048103_15375683.jpg
ちなみにザハトラーJPNの別注プレートは緩衝材が挟んであり、ねじの緩みが発生します。
(技術的には当然の事ですw)

100円玉で手で締めるくらいではダメですね。
専用の刃の太いネジ回しを使って締め込むとか、他にも固定手段はありますが、すると良いです。

他の雲台でも同様の事が発声しているのかは不明です。
なにせ大勢いらっしゃる撮影場所にはあまり伺う機会が無いもので…

≪インプレッション≫
■ とても満足度の高いレンズですね。過去使ってきたレンズでは800/5.6に次ぐ良さです。フィールドを選ばず融通が利く点ではこちらの方が上ですね。
長玉一本だけ、と言われたらこれかもしれません。(微妙ですが…)
□ 800/5.6のキャラクターはネイチャーフィールド向けです。フルサイズ+テレコン無し800mmだけでなく、最近のカメラのAFがf=8.0でも驚くほど効くので800/5.6 + テレコン×1.4 + 7Dmark2 (換算1792mm超々望遠)で、ターゲットが遠い撮影には力を発揮しますね。
□ また600/4 II型も魅力的ですが、100mmしかない画角差と重さを考えると500/4 II型の小型軽量がとても魅力が大きいと思います。

7Dmark2とEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM のインプレを先にしろ? まだ殆ど撮ってない…w
機材の話より写真を出せ? う~ん、撮影機会を増やせるようにしなきゃ! って、いつもの事か…^^ゞ

☆ 野鳥撮影機材についてはこちらからどうぞ。
  http://kawasemi.kokoton.net/satsuei/


.
[PR]
by kokoton_kawasemi | 2015-03-25 16:03 | Ⅳ 撮影機材 Tools
春のヒヨドリ:サンシュユの花が好き?!
[ Brown-eared bulbul with Japanese cornelian cherry ]

Japanese cornelian cherry "Sanshuyu" is the cornus officinalis known as yellow blossoms in Japan. I found a Brown-eared bulbul perched on a branch and it had been doing something. Amazing, it took blossoms!
c0048103_7532045.jpg

ヒヨドリがサンシュユの花に居ました。全然人を気にしません。よく見てたら、素早い動きで花を食べてたんですねぇ。
c0048103_7563035.jpg

ターゲットが大き過ぎて写真になってません。(笑)
実はレンズの試し撮りでした。評判が良いので、関係者?に相談して購入を決断しました。購入は1月(汗)

《EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 購入の目的》→ 手持ちでそれなりに描写できるレンズで、気軽に撮影できたらね^^v
 ■ good !
  ・この手の暗いズームとしてはボケ味は良く、解像感も悪くありません。
  ・ズームは、フレーミングで勝負するには とても構図作りし易いですね。
 ■ not so good
  ・重い!です。テレ側は手ぶれ要注意報。特にAPS-Cでは手持ちで気軽に…とはいきません。
   (ISあっても一脚は必要です。何かに体を押さえつけられれば大丈夫!?)
 ■ attention
  ・品質の良くない(保護)フィルターによる悪影響(解像度, IS動作)がはっきり出ます。
   (購入時にサービスで付いてきたBANNER/中国製では確認済み。ボデー7D2で。)

詳細はまた後日です



写真をクリックすると大きめで見ていただけます

CANON EOS 7Dmark II
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

[PR]
by kokoton_kawasemi | 2015-03-15 07:59 | Ⅲ 季節の野鳥/留鳥 Migratory