カワセミkokotonのブログ
kokoton01.exblog.jp
トップ



"Wild Bird Photos Japan" from kokotonPAPA(D-SLR) & kokotonMAMA(Digisco)

by kokoton_kawasemi
About This Blog

◆自己紹介です →

◆【お詫び】写真はプロファイルを反映出来るブラウザで見ていただけると適正表示されます。



【Category in This Blog】

  0.全体 PageTop
  1.カワセミ類 Kingfishers
  2.猛禽類 Bird of prey
  3.季節の鳥/他 migrant / resident
  4.撮影機材 Tools
  5.やさしさ KINDNESS
  6.その他 Others



【kokoton's Blog Links】

( Birders )
  バーダーカワセミさん
  いくさん
  ターさん
  マータンさん
  sakuさん
  N_BIRDERさん
  ごしたいずらさん
  ショウさん
  UYANさん

( Non Birders )
  SiBさん
  inoemonさん
  roseringさん
  HANAZONOさん



<   2012年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
夏カワセミ:ミソハギの花と
夏にカワセミは、お約束の場所でこの組合せ。徒歩10分ちょっと、我家から一番近いカワセミさんです。

先日散歩がてら伺ったら、先にお二人いらっしゃいました。お一人は一番近くで撮れる場所。もうお一人は黒いポロシャツを着て、小さい池の端に やらせの枝を立て、三脚の足を柵の中に入れて睨みを利かせていらっしゃいます。怖〜ぃ。
これは離れて撮るしか無いな。(笑)
でもミソハギは一面に咲いていますから手持ちの機材なら自由に待てますね。

そうこうしていると、御馴染みの場所に居る様です。一番近くで撮れる場所の方がカメラを構えていらっしゃいます。その手前から狙えば後ろがうるさくないかな。でもミソハギを入れようとすると低く構えないとダメだよね。
じゃぁカッコ悪いけど座り込んで、カシャ!
c0048103_811760.jpg

と、今度はkokotonMAMAが。
「こっちにいるよ。そこそこ。飛び込んで捕ったよ。」
見ると池の奥、水路のこちら側の水面が揺れています。うまい具合に 私からはミソハギに隠れている様です。ゆっくりとミソハギをブラインドに近寄って覗くと、居ました居ました。その距離5mありません。でも とまっているのはクレソンの案内板じゃないの。ヾ^^;
c0048103_822986.jpg

地元で撮れないと寂しいので良かったです。箱庭写真になっちゃいますけどね。^^;



写真をクリックすると大きめで見ていただけます
CANON EOS 7D
EF300mm F4.0L IS USM

[PR]
by kokoton_kawasemi | 2012-07-29 08:04 | Ⅰ カワセミ類 Kingfishers
アカモズのいる風景:初夏の花と
c0048103_18562848.jpg昨年は行けなかったアカモズに逢いにいって来ました。

この時はちょうど子育て中でした。様子を伺いながら頻繁に巣に餌を運びます。離れていればパターンがわかるので、しばし観察。邪魔しない何処で待つかですね。

慌てずに、狙ったポイントだけゆっくりと 引き で待ってみました。実に良い時間です。シャッターチャンスは各一回。

一枚はピーカン灼熱の下、ヒメジョオンの白をバックに。そしてもう一枚は薄曇り、蕎麦の花 と タチアオイの花と。平凡ですが花がらみ。

多少心配事もありましたが、ここの雛は無事に巣立ちました。自然の中での撮影は自然に合わせてやりたいものですよね。
c0048103_2039890.jpg
写真をクリックすると大きめで見ていただけます
CANON EOS 5Dmark3
EF800mm F5.6L IS USM

[PR]
by kokoton_kawasemi | 2012-07-23 19:55 | Ⅲ 季節の野鳥/留鳥 Migratory
CANON 5Dmark3で野鳥撮影インプレ
CANON 5Dmark3を遅ればせながら7月の初めに購入しました。ホントに久しぶりのカメラです。
'12/8〜11 インプレッションを追記、見直しあり】
c0048103_7354748.jpg
過去最高のボデーはCANON 1DsMark3でしたね。あの解像感とダイナミックレンジの広さは今でも忘れられません。暗い所が撮れずとも、連写性能が低くとも、ミラーショックがデカくとも、あの階調豊かな描写の素晴らしさにはかないません。それなのに なぜ手放したかは別ページに書いた通り。
今回の5D3に期待したのは1Ds3のそれでした。要は写真を決定する階調の良い、ダイナミックレンジの広いメイン機が欲しかった。

CANON 5Dmark3 の初期インプレッションは、基本的に現在使用中のCANON 7D, NIKON D3Sとの比較です。但し、長玉がCANONは800/f5.6(←インプレあり)、NIKONが600/f4.0と明るさに差がありますのでAFのインプレは正確に比較出来ません。(撮影はRAWのみ、ムービーはこれから)


【1 機能:良いね】
 ◎ 期待したダイナミックレンジはかなり広く階調は滑らか。期待以上。
 ◎ 露出ズレ?のミスが少ない。DLの広さがあるので大きくレンジから外れない
 ◎ シャッターブレが少ないミラーアクション。特に静音シャッターは今までで一番
 ◯ 7Dに較べると重いけど、NIKON D3Sに較べれば軽い、良いバランス
 ◯ バッテリーグリップの縦位置での操作性が向上している
 ◯ 高感度特性はNRを使えば精細さとのバランスで、1600までは我慢できそう。
 ◯ビデオ機能はかなり良さそう(暗い所でも荒れずに撮影出来る)

 ★階調優先の絵作りが楽しめる。


【2 機能:イマイチ】
 × ボタン配置は7Dに近いのに操作が異なる?! (撮影後の画像拡大や、測距エリア選択方法、他)
 × シャッター音 (7Dや5D2の様なパシャパシャ感はないけど)
 △ AFの作動時に僅かなタイムラグを感じる
 △ 7Dに近いギトギト系の色出し (SilkyPixを使用時)
 △→◯ AFに大きな改善なし。改善は見られる。特にAFゾーン設定での飛びモノ(背景近い)の掴み。
    ・800mm/f5.6では61点高密度レティクルAFは使えない(期待は低いが、面白くはない)
    ・  〃      フォーカスリミットをかけないとAF動作は異常に鈍い(レンズの問題ですが)
 △ 質感は改善されて来ているけど、コストに見合わない感じがする


c0048103_7362062.jpg5D3(右)と7D(左)の背面写真。良く似てますよね。

でも操作性がけっこう違っているんですよね。撮影時で戸惑うのは「AF測距エリア選択」、画像再生では「拡大・縮小」が大きく違いますね。併用しているので困るんですよね。でも5D3の方が直感的に使い易いかもしれない。

バッテリーグリップがかなり違いますね。これはかなり改善されています。でも、価格もアップ。



【3 設定について】
 [ピクチャースタイル] とりあえず現在は以下設定でDPP試用中です。なるべくフラット傾向になる様に。
 ・コントラスト: - 4 (最低まで落としています)
 ・色合い   : 0 (ナチュラル設定です)
 ・シャープ  : 2 (スタンダードより1段下げています)

 [オートフォーカス] 次の設定です。他機種と同じ様には行けそうです。
 ・AIサーボ特性の設定 : 汎用性の高い一般的な設定(変な設定があるものですね)
 ・AFの測距エリア設定 : ピンポイント(7Dもピンポイント、D3sは9点)
              但し、飛びモノはゾーンAF
興味あるのはCase6「被写体の速度変化と上下左右の動きが大きい時」のAIサーボ設定で、領域拡大AF もしくは ゾーン任意選択AF でどうかですね。背景が近いケースでは使えませんでした。「汎用性の高い一般的な設定」でゾーンAFは改善されていますね。
D3sの9点で、合焦ポイントだけが赤くインジケートするのはとても良いのでCANONでもそうして欲しいな。5D3だと合焦時には設定全点が光るだけ。ゾーンだと何処が合焦しているかわからない。


【4 野鳥撮影と5Dmark3適性】
 1- 連写が6コマ/秒と言うのは問題があるか? → 049.gif
  (飛出しとかカワセミのチャッポンとか撮らないから、個人的には秒5コマ以上あれば十分)
 2- 2,200万画素は十分か? → 049.gif
  (1Ds3のB0版写真で粒子が見えないから十分、だいたいB0なんかしない。A3なら1,000万画素で問題なし)
 3- 飛びモノのAF性能が満足いくか? → 050.gif049.gif
  (大きな改善なし。最新機種だから期待はずれと言う事になる。f2.8レンズでは素晴らしかった)
   ↓
   後日飛びモノを撮影。800/f5.6、ゾーンで追ったところ、背景近くでもかなり安心してターゲットをとらえた

 ★現状こちらEOS 5D Mark IIIがメイン機です。ダイナミックレンジと色再現がいいですから、期待通り!
 ★また、次のパターンの撮影には満足度は低いかもしれません。
  ・とにかく連写撮影優先 ・飛びモノ主体撮影でピントはカメラを信じる → 【見直し】けっこう行けました


【5 機材と写真の関係】
カメラを変えたって実力は上がりゃぁしません。自己満足だけです。何で撮っても腕は同じだから。それよりも撮りたい写真のイメージの貧困さを克服しなきゃ。
イメージ以上のものはアウトプットできないもんね、たとえ撮れていても理解の範疇外になっちゃう。(笑)


【6 5Dmark3でこれから何をやる】
c0048103_1584256.jpgとにかく、次はムービーにチャレンジ! 

外付けマイク(audio-technica AT9941)、入手しました。やっぱり単一指向性とステレオは要るでしょ。
ビデオやってる、っていう気配もね ヾ^^;

ちなみにヘッドフォンは音楽用(個人的室外使用)のSony MDR-7506 を流用しています。音楽等、そちらの関係はkokotonPAPAのメインブログへどうぞ。

フルハイビジョンのムービーは思いのほか楽しいですね! 

☆ 野鳥撮影機材についてはこちらからどうぞ。
  http://kawasemi.kokoton.net/satsuei/


.
[PR]
by kokoton_kawasemi | 2012-07-22 07:45 | Ⅳ 撮影機材 Tools
緑の森を飛び回るイメージ:ツミの雛
c0048103_1847158.jpg
今年も無事に巣立ってくれました。ここは地元の撮影者の皆さんが大切に守ってくれています。近隣の皆さんとのコミュニケーションも大切にされていて、そんな環境が素晴らしいですね。

そして今年もこの森に巣立った雛達がいます。まだ餌は獲れません。枝にとまり、小さな緑の森をビュンビュン飛び交います。

「あっ、緑と光の中を飛び交うイメージを撮りたい」

SSを上げて撮ると枝や幹などが "緑と光の中を" と言うイメージを邪魔しちゃう感じがするなぁ。人間の目と脳は都合良く見るんですよね。
それならと言う事で、イメージを優先。SSを落として流れる緑と光に変えてみました。

「ビュン、ビューン、だね。^^v 」
c0048103_18473768.jpg
写真をクリックすると大きめで見ていただけます
CANON EOS 5Dmark3
EF70-200mm F2.8L IS USM

[PR]
by kokoton_kawasemi | 2012-07-19 19:44 | Ⅱ 猛禽類 Bird of prey
コムクドリ幼鳥と桑の実 / ひょうきんな
c0048103_144448.jpgこの処、撮影する気分がやっと復活。例によってノンビリと待つ時間がいる撮影です。
そんな時、三羽ほどの中型の鳥が真横の山桑の木に入りました。なんだか落ち着かずバタバタしているので、見たらコムクの幼鳥。なるほど、赤く熟し始めた山桑の実を食べているんだ。

そう言えば遥か向こうの木でコムクドリが雛と飛び交っていたっけ。なんて考えながらぼーっと見ていたら、一羽が低い位置に下りて実を探しています。赤いのはダメで黒くなったのが良いんだね。

気が付けば、バックが空抜けから緑に。これなら悪くないかな?なんてレンズを向けたら面白い仕草で実を選んでは食べてくれました。しばしの時間楽しませてもらいましたね。
c0048103_8444227.jpg
写真をクリックすると大きめで見ていただけます
CANON EOS 5Dmark3
EF800mm F5.6L IS USM

[PR]
by kokoton_kawasemi | 2012-07-14 08:56 | Ⅲ 季節の野鳥/留鳥 Migratory
初夏のチュウヒに逢う
c0048103_135747100.jpg雨上がりの曇り空。遠くから猛禽がフワフワと飛んで来た。

トビにしたら大きい、勝手な思い込み、何だろう??

やや低めの高さ、下を見ながら飛んでいる。えっ??チュウヒだ。初めてだね、緑いっぱいの中のチュウヒなんて。

そして目の前で大きく反転、急降下。ハタネズミでも見つけたのだろうか。二回続けて捕獲には失敗したが、ラッキーなシーンまで見せてくれた。
c0048103_13582041.jpg
c0048103_13583568.jpg

写真をクリックすると大きめで見ていただけます
CANON EOS 7D
EF800mm F5.6L IS USM

[PR]
by kokoton_kawasemi | 2012-07-09 19:00 | Ⅱ 猛禽類 Bird of prey
18時55分のツミ
ツミが営巣する小さな森。夕暮れ時には、森の中は すでに暗闇が支配し始めています。色を見分けるのは難しいくらい。
そんな森にツミのお母さんのとまり木があります。そしてそこには夕暮れ最後のオレンジ色の夕日が木々の隙間をなんとか通り抜けてとどきます。
お母さんの視線の先には巣立ったばかりの雛が。夜を迎える前のひと時の静けさを見ました。
c0048103_7593239.jpg

写真をクリックすると大きめで見ていただけます
NIKON D3S
AF-S NIKKOR 600mm F4G ED VR

[PR]
by kokoton_kawasemi | 2012-07-07 08:04 | Ⅱ 猛禽類 Bird of prey
優しさ:カンムリカイツブリの親子
c0048103_15325110.jpg今年は出会えたカンムリカイツブリ。いずれも子育ての真っ最中でした。

親鳥は小魚を捕えては給餌します。雛は、親が小魚を加えて浮かび上がると飛ぶ様に水上を走り寄ります。複数の雛を育てている親はちゃんと給餌の順番を知っていますから、早い者勝ちを狙ったりすると怒られてますよ。野鳥でも親の子育ての大切さを感じます。

中には甘えん坊もいたりして、なんとも微笑ましいシーンを見る事が出来ました。

c0048103_15331354.jpg

写真をクリックすると大きめで見ていただけます
CANON EOS 7D
EF800mm F5.6L IS USM

[PR]
by kokoton_kawasemi | 2012-07-01 15:41 | Ⅴ やさしさ KINDNESS