カワセミkokotonのブログ
kokoton01.exblog.jp
トップ



"Wild Bird Photos Japan" from kokotonPAPA(D-SLR) & kokotonMAMA(Digisco)

by kokoton_kawasemi
About This Blog

◆自己紹介です →

◆【お詫び】写真はプロファイルを反映出来るブラウザで見ていただけると適正表示されます。



【Category in This Blog】

  0.全体 PageTop
  1.カワセミ類 Kingfishers
  2.猛禽類 Bird of prey
  3.季節の鳥/他 migrant / resident
  4.撮影機材 Tools
  5.やさしさ KINDNESS
  6.その他 Others



【kokoton's Blog Links】

( Birders )
  バーダーカワセミさん
  いくさん
  ターさん
  マータンさん
  sakuさん
  N_BIRDERさん
  ごしたいずらさん
  ショウさん
  UYANさん

( Non Birders )
  SiBさん
  inoemonさん
  roseringさん
  HANAZONOさん



<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
流氷の海ワシ (1/3part)
[ WorldBiggest Sea-Eagles and drift ice in Japan. Steller's Sea Eagles & White-tailed Eagles at Rausu HOKKAIDO. ]


【3/2 3枚目の写真を入れ替えました。Changed 3rd photo.】
北海道シリーズを何回かに分けて見ていただこうと思います。珍しいものではありませんが、流氷の海ワシ/タンチョウ/オジロワシの3パターンです。数回に分ける予定です。
c0048103_20541284.jpg
今回は三脚+長玉で、アップ狙い。怪我の功名?でラッキーにも朝日が昇るシーンにうまく適応できました。

c0048103_20545231.jpg
北方四島の国後島をバックに朝日が流氷の狭間の海に光って美しい風景でした。船回りの流氷上のワサワサした中で遠方に静かな世界がありました。

c0048103_15505123.jpg
若いオジロワシは良く動いてくれて楽しませてくれますね。成鳥の多くは早くも戻り始めたようです。オオワシ成鳥は余裕ですね。

c0048103_2055518.jpg
今回の狙い、アップのシーンをワンカット。アップはフレームにきれいに納まらないくらい近い方が迫力があって良いですよね。きれいに納まるとどうも落ち着かない.....。


クリックして大きめの絵でご覧下さい ^^v
NIKON D3S
AF-S NIKKOR 600mm F4G ED VR
TC-14E II

[PR]
by kokoton_kawasemi | 2011-02-28 20:58 | Ⅱ 猛禽類 Bird of prey
雪が止んだ朝、オオタカに会った
[ Nothern Goshawk at the morning of the snow stopped. ]


目の前の方からキーキーキーとオオタカの鳴き声が雪上がりの空気を切り裂くように響く。

 「おおっ、オオタカだ。近いんじゃないか。」
 『だね、目の前の森じゃないの。こんな時間でもいるんだね。』

と横にいるkokotonMAMA。

 「まぁ、里山だから時間に関係ないんじゃないの。でも、どこだろう........」
 『そうねぇ、ちょっとわかんない。でもすごい声ね。』

そう言いながら双眼鏡で探している。こっちはとりあえずレンズを準備。

 『いたいた。わかんないよ、こんな処じゃぁ。』
 「どこどこ!?」
 『え〜とねぇ、まえの緑の木の左に少し行った処。ちょうど真ん中あたり。』
 「あっ、わかったわかった。とりあえず証拠写真でもいいや。」

ピントに気を使い、とりあえず一枚切った。でも飛び出しそうもない。じれてボケ〜っとしている間に、いつの間にかオオタカは消えていた。
c0048103_20251914.jpg


クリックして大きめの絵でご覧下さい ^^v
NIKON D3S
AF-S NIKKOR 600mm F4G ED VR

[PR]
by kokoton_kawasemi | 2011-02-21 20:32 | Ⅱ 猛禽類 Bird of prey
クマタカの翔ぶ風景
c0048103_193449100.jpg

クリックして大きめの絵でご覧下さい ^^v


アップは写真の並び上やっぱり欲しい。でも撮りたいのは野鳥その物じゃぁ無いんだよなぁ。その野鳥がいる情景が欲しいよね。
今回の写真は、飛んで欲しい場所に、飛んで欲しい時間で出てくれた。本当はもっと小さく、クマタカだか何だか分からないくらいの大きさの方が自然の雄大さが感じられて良かったんだけどなぁ。

なんて話をしたら、『鳥の種類が分からない写真なんて意味有るの⁉』と。そうかぁ、普通は鳥の写真はそうなんだよなぁ。だから季節の鳥が撮れる公園や、珍鳥に行くんだよね。
そう言われると、確かに鳥の写真じゃ無いかなぁ。でもイイんだ、誰かがこういうのも良いねって言ってくれるかもしれないでしょ。自己満足だけならBlogなんてやる必要ないしね。(^_^);

NIKON D3S
AF-S NIKKOR 600mm F4G ED VR

[PR]
by kokoton_kawasemi | 2011-02-16 19:38 | Ⅱ 猛禽類 Bird of prey
クマタカ
新たなポイントを探しにロケハン登山。目指した場所は抜けていなかった。途中の尾根が抜けていたよな、戻ろう。
ありゃ、やっぱダメかい!? も一つ先にも尾根が有るじゃん。結局、尾根三つトラバース。雪は極端に多い処と少ない処。雪の下は潅木でフワフワだったり、落葉でツルツルだったり。もうクタクタよ。

3時間かけて何とか90°弱の狭く開けた急斜面発見! よしここだッ、ここを飛ぶぞ! 絶対飛ぶ! 飛ぶ時間だぞ〜! でも機材は偵察用の300/f4。本音は、もう参った下山しよぅ.........。

と、その時視野右下に茶にオレンジっぽい背の猛禽。身体が先に反応する! 首に掛けた300を掴み捕捉、近い、早いッ!
思考が短時間で追従する、空抜けか…。猛禽らしい厳しい眼が優しげな目付きになる。
クマタカは上昇気流を掴みあっという間に左上空へ消えた。カット数は7枚、最後の2カットは林の中。構えるまでを考慮して、横切るのは3秒弱か。そして下山は1時間。
c0048103_20401412.jpg


クリックして大きめの絵でご覧下さい ^^v
CANON EOS 7D
EF300mm F4L IS USM

[PR]
by kokoton_kawasemi | 2011-02-10 20:45 | Ⅱ 猛禽類 Bird of prey
クマタカ帆翔
c0048103_19445321.jpg

山に入る前の国道の温度計は-10℃とあった。そこから小さな集落を越えて雪山に入る。もちろん雪の林道。車高を上げて、タイヤをハイトアップしたkokoton2号(Jimny JB23W)で雪道を入れる処まで行く。そして-40℃耐寒の防寒靴にアイゼンをセットしてただの雪斜面昇る。
この谷はいつでも強風が吹き荒れる。だから殆どは吹雪。吹雪でも飛ぶのはわかっているが、良い処は飛んでくれない。でも待つしか無い。何が起きるかわからないから。一度は20mの眼下をユックリと横切られてしまった。うかつ、カメラを握るタイミングも無し。
体感温度は知る由もないが、道具をセットしてコンビニで買った温かいお茶は飲もうと思ったら、凍り始めていた。同じくおにぎりはお昼には冷凍状態、カッキンカッキン。現地初日に油断して指先が凍傷に。完治するのに1ヶ月以上を要した。待てる時間は4時間が限界。それで、証拠写真だけかい。いったい何が楽しいんだっけ........そうだ!アイゼン付けたりしないと昇れない所に行くなんて、カッコいいじゃないか。えっ.....と (笑)
しかしもうこれは野鳥撮影じゃないな。けっきょく山奥廃村の道祖神探索の頃と同じ、こう言う所が好きなんだな。きっと。


クリックして大きめの絵でご覧下さい ^^v
NIKON D3S
AF-S NIKKOR 600mm F4G ED VR
TC-14E II

[PR]
by kokoton_kawasemi | 2011-02-01 19:48 | Ⅱ 猛禽類 Bird of prey