カワセミkokotonのブログ
kokoton01.exblog.jp
トップ



"Wild Bird Photos Japan" from kokotonPAPA(D-SLR) & kokotonMAMA(Digisco)

by kokoton_kawasemi
About This Blog

◆自己紹介です →

◆【お詫び】写真はプロファイルを反映出来るブラウザで見ていただけると適正表示されます。



【Category in This Blog】

  0.全体 PageTop
  1.カワセミ類 Kingfishers
  2.猛禽類 Bird of prey
  3.季節の鳥/他 migrant / resident
  4.撮影機材 Tools
  5.やさしさ KINDNESS
  6.その他 Others



【kokoton's Blog Links】

( Birders )
  バーダーカワセミさん
  いくさん
  ターさん
  マータンさん
  sakuさん
  N_BIRDERさん
  ごしたいずらさん
  ショウさん
  UYANさん

( Non Birders )
  SiBさん
  inoemonさん
  roseringさん
  HANAZONOさん



<   2008年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ツミ♂
しばし佇むツミの♂。♀への餌渡しを終えた後なのだろうか、落ち着いた様子をみせながらゆっくりとしていた。♀の鳴き声が聞こえると、また飛び立って行った。c0048103_224279.jpg

[PR]
by kokoton_kawasemi | 2008-05-27 22:04 | Ⅱ 猛禽類 Bird of prey
カルガモ親子 part2 (雛8羽)
こちらごく普通のカルガモ親子の姿ですね。雛の数も平均的な8羽です。
色白お美人お母さんは、けっこう気ままに見えました。雛達が、お母さんの周りを付いて行く姿がやっぱり可愛さ満点でした。
微笑ましく見えたこの様子も、漏れ聞こえてくれば雛は半分以下になってしまったとか。厳しい生存競争は大自然の中でなくとも、同じなんですね。
c0048103_1420325.jpg
c0048103_14204742.jpg
c0048103_14205811.jpg
↑上の写真3枚、クリックして大きめの絵で見て下さいね ^^v

[PR]
by kokoton_kawasemi | 2008-05-24 14:21 | Ⅴ やさしさ KINDNESS
カルガモ親子 part1 (雛一羽)
初めてカルガモの親子の写真を撮りました。^^
でも、それは皆さんが想像するのとは違って、たった一羽の雛。そしてその子を愛おしく育てる母カモさんでした。

別ターゲットを狙って待っていると、小川の石とブッシュから いきなりカルガモの親子が飛び出してきました。ピョンと雛が一羽。でも、待っても待ってもそれ以上出てきません。早くも一羽になってしまったんですね。でも、親子はピッタリと寄り添って極々狭いテリトリーを泳ぎます。
半日そこに居たのですが、たった一度だけ母カモが飛んで行ってしまった時がありました。雛はピーピーと鳴きながら泳ぎ、そして飛び出して来たブッシュに隠れていました。でも母カモが帰ると、すぐにお互いの鳴き声でわかった様です。他の♀がやってきて雛にチョッカイを出すのですが、母カモは厳しく追い立てます。たった一羽になってしまった我が子を一生懸命に育てる母カモ、そして可愛い雛。
見守るご近所の皆さんもハラハラ、そして心から応援しています。

心配なのは、隠れるブッシュの20m程のところに大きなアオダイショウが居た事。何とか無事に育って欲しい。それだけが心に残りました。
c0048103_17322533.jpg
c0048103_17324399.jpg
↑上の写真2枚は、クリックして大きめの絵で見て下さいね ^^v

c0048103_17325953.jpg
もう少し雛の数が多い親子が橋の下流に居ました。そちらはpart2で次回。^^ゞ
[PR]
by kokoton_kawasemi | 2008-05-18 17:36 | Ⅴ やさしさ KINDNESS
春のシメ とカキドオシの花
イカルの鳴き声が聞こえる。ふと見ると、地面に降りたイカルの中にシメがいる。ピョコピョコとその一羽が、歩きながら何かを啄む。
「花がきれいですよ」、見れば小さな紫の花が咲く中へ入って行く。地面を啄みながら時たま顔を上げる。これも春らしいかなぁ と思いながらファインダーからチャンスをうかがった。シメ♀とカキドオシの花と、そして穏やかな一時。
c0048103_844085.jpg


↑ クリックすると大きめの絵になります 横長変則トリミングを1200pixで。^^v

[PR]
by kokoton_kawasemi | 2008-05-05 08:11 | Ⅲ 季節の野鳥/留鳥 Migratory
季節の夏鳥と会う オオルリ
kokotonMAMAです。先シーズンは運良く会えたオオルリさん。今シーズンはどうかな〜?って思っていました。それに先シーズンのオオルリさんに自分では満足していたので、何となくもう会えないのかな、なんて思っていました。それに動きも早いし、私には難しい鳥さんです。でも、今シーズンも運があったようで、私の前の枝の上で小休止!?「動かないでね!」って心で祈りながらズームしてピントを合わせ、また戻してそっとシャッターを押しました。(ほっ!)
c0048103_20404812.jpg

どうも夏鳥との縁が薄いのですが、私の方は引きのショットで。もちろんkokotonMAMAとは違う場所です。新芽が出始めた場所にオオルリの組合せは将にこの時期ならではのシーンですよね。気に入った背景の前で来るのを待つ。そんな場所、そんな時間がとても気持ちの良い撮影でした。
降りそそぐ春の日差しが感じられるでしょうか。^^
c0048103_20451172.jpg
↑2枚とも クリックすると大きめの絵になります ^^v

[PR]
by kokoton_kawasemi | 2008-05-02 20:48 | Ⅲ 季節の野鳥/留鳥 Migratory