カワセミkokotonのブログ
kokoton01.exblog.jp
トップ



"Wild Bird Photos Japan" from kokotonPAPA(D-SLR) & kokotonMAMA(Digisco)

by kokoton_kawasemi
About This Blog

◆自己紹介です →

◆【お詫び】写真はプロファイルを反映出来るブラウザで見ていただけると適正表示されます。



【Category in This Blog】

  0.全体 PageTop
  1.カワセミ類 Kingfishers
  2.猛禽類 Bird of prey
  3.季節の鳥/他 migrant / resident
  4.撮影機材 Tools
  5.やさしさ KINDNESS
  6.その他 Others



【kokoton's Blog Links】

( Birders )
  バーダーカワセミさん
  いくさん
  ターさん
  マータンさん
  sakuさん
  N_BIRDERさん
  ごしたいずらさん
  ショウさん
  UYANさん

( Non Birders )
  SiBさん
  inoemonさん
  roseringさん
  HANAZONOさん



<   2007年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
季節の鳥はなぜか♀、ジョウビタキ
なぜか撮れるのが♀なんですよね。という訳で、kokotonMAMAのデジスコとkokotonPAPAのデジタル一眼ショットを。^^
c0048103_1815138.jpg
↑この写真は、クリックして大きめの絵で見て下さいね ^^v
kokotonMAMAです。今季初撮りのジョビコちゃん。雨の雫が光ってる♪「雨、あがったかしら?」みたいな感じのジョビコちゃんです。この日は晴れたのが嬉しいよ~って(?)飛びまわっていました。そして声はするけれど、なかなか姿が見つけられないな~と思っていたら、ふわ~って目の前の枝にとまってくれました。

kokotonです。こちら、デジタル一眼のジョウビタキ♀さん。声も出さずに目の前にいました。近寄るとフワッと少し高いところへ。朝の光の中、雨上がりの気配がとても気持ちの良い一時でした。こちらは、「ちょっとおすまし」みたいにポーズをとっていてくれました。
c0048103_18562765.jpg

[PR]
by kokoton_kawasemi | 2007-10-29 18:17 | Ⅲ 季節の野鳥/留鳥 Migratory
今シーズン初のルリビタキ
今シーズン初の冬鳥、ルリビタキさんに会えました。
この日は前日の雨も明けたのですが、現地はかなりぬかるんだ状態。そして朝の鳥の気配は、カラ類とブッシュの中類?だけ。細い道は三脚+長玉担いでで歩くと熊笹が邪魔だし、葉っぱに付いた雨の残りでビショビショ。この時期、ここに来るのは初めて。我々二人以外に人は居ない。シーンと静かな中に鹿の鳴き声が響き渡る。帰ろうかなぁ・・・・。
なんて思って歩いていたら目の前の地面からピュンと4羽ほど。暗い場所なので視認出来ない。そしたらちょっと小さなジジッ・ジジッて鳴き声が。おっ、ルリだよ。青いのが居ないから、♀と♂若だね。でも、まぁとりあえずシーズン初の冬鳥。
c0048103_9465062.jpg
パッと左のカラマツの枝に飛んだ。紅葉で半分黄色くなった中にいる。ちょっとベタかなぁ。と見ると、うまい具合に一羽だけ逆側の逆光サイドの枝に移る。あれっ、チャンス?! 枝がグチャグチャだから縦位置にしないと。えっ??ピントが来ない!? フォーカスリミット10m以内なのね。そしてリミットを切って、なんてバタバタしながらも何カットか。
帰って写真を見たら、翼角の部分に青があったので♂若ですね。
[PR]
by kokoton_kawasemi | 2007-10-21 09:50 | Ⅲ 季節の野鳥/留鳥 Migratory
ムギマキ in ブッシュ'07
ムギちゃん、かわいいからもう一回貼り直ししてしまいます。潅木の中でコッソリと。
こっちの方が、kokoton的に落ち着くので。でも、ムギマキらしい胸のオレンジがちょっとね。
先回コメントをいただいた皆様、ありがとうございました。
c0048103_21372515.jpg
上の写真はクリックして大きめの絵で見て下さいね ^^v

昨年会うことが出来なかったムギマキに会えました。とりあえず行ってみましたが、全然気配なし。カラの混群がいるだけ。その中にいるかな・・・って、いないなぁ。殆どシャッターも切っていない。やっぱ、ダメかぁ。
けっこう寒い。手の感覚が薄くなる。で、暖をとるべく一休み。それで運気も変わったかな。それらしき場所でカラの仲間を撮っているとピューンと小さくて黒っぽいのが茂みに飛び込んだ。ん?、とりあえずレンズで覗いてみた。あれっ、ムギちゃんじゃないの。^^
茂みの後は実を食べたり、ムギマキの様子ってこんな感じなんだなぁって見ることができました。日本では渡りの途中だけ寄るんですね。元気で南に帰ってね。

  


[PR]
by kokoton_kawasemi | 2007-10-18 21:38 | Ⅲ 季節の野鳥/留鳥 Migratory
忍者 キバシリ & ゴジュウカラ
c0048103_198922.jpg
これまた初見のキバシリです。キバシリって将に忍者ですね。ツツツツッと登ってしまいますね。カメラで追いかけているうちにシャッターを逃すくらいのスピードです。そんな感じを狙ってみました。^^ゞ ちなみに英語名はTreecreeper、木を登るヤツ。

考えたらば、ゴジュウカラも面白い動き。木を上から下へ逆向きで降りてくる。そういう感じで言うと、これまたやっぱり忍者っぽいですね。と言うわけで、ゴジュウカラも入れてみました。ヾ^^
c0048103_19555521.jpg
下の写真はクリックして大きめの絵で見て下さいね ^^v

[PR]
by kokoton_kawasemi | 2007-10-16 19:18 | Ⅲ 季節の野鳥/留鳥 Migratory
渡り途中のキビタキ♀
kokotonMAMAです。自然界は子孫繁栄の為に♂が目立つように出来て(?)います。当然のことながら鳥さんもそうですね。雌雄であまり違いのない鳥さんもいますが、キビタキさんと言うとどうしても♂が目立ちます。雌雄の色合いも全く違います。
でも、意外にキビタキは♀ファンが多い鳥さんかもしれません。
キビタキさんの♀の羽はとってもきれいだと思いませんか!?地味な色ですが独特です。
今回は羽のきれいさは表現できませんでしたが、雰囲気でお許しください。
おすましのくりくりお目々がかわいい!でしょう?c0048103_21432054.jpg
[PR]
by kokoton_kawasemi | 2007-10-12 21:43 | Ⅲ 季節の野鳥/留鳥 Migratory
清流のカワガラス
先日のカワガラス。
山深いこの場所は、本当に清流だ。とにかく水は本当に透明。透明感が強いとかではなくて、透明なのだ。深みの場所は緑青い。もしくは群青。富士山の伏流水の沸く、忍野とか柿田川の水のイメージで山深く流のやや大きめなイメージをしてもらえるといいかもしれない。
そんな中でカワガラスを見ているとちょっとイイ気配じゃないの。って言うわけで主役が不調のこの日は名脇役の独壇場だった。釣のシーズンも終われば、一日ここにいても会う人間はいない。写真はともかく、そんな状況は好きな撮影パターン。
c0048103_16351215.jpg
c0048103_16352663.jpg
2枚ともクリックして大きめの絵で見て下さいね ^^v

今日は写真展に行ってきた。お知り合いの御二方が会場に詰めていらっしゃって、楽しい時間を過ごさせていただいた。しかし、そのお二方の写真が凄い。写真展の作品はいずれも唸るばかり。そんな後でアップするのはちょっとガックリ来る。だけど実力だから諦めて・・・・^^ゞ
[PR]
by kokoton_kawasemi | 2007-10-08 16:39 | Ⅲ 季節の野鳥/留鳥 Migratory
嬉しい初めてのヨタカ
初めて会えました。伺ったのはドシャ降りの雨の朝でした。夜の鳴き声は聞いたことがあるのですが、見たのはこれが初!
c0048103_2085340.jpg
ヨタカ、英語名はJungle Nightjarです。なんとなくそんな感じに見えるでしょうか。実際にこんな感じでゴチャゴチャとしたところにいます。まずはお約束のお腹ペッタリポーズのヨタカです。とにかく雨がひどかったですが、その分だけ緑がきれいだったかも。

この雨で、普段昼間はじっと寝ているヨタカがけっこうキョトキョトとしてくれました。そんな感じが下の写真です。この時間は雨がけっこうひどくてよく見てもらうと雨の線が写っています。さすがに明るさも極端に低くなりこれ以上は厳しかったです。
c0048103_20144447.jpg
2枚ともクリックして大きめの絵で見て下さいね ^^v

[PR]
by kokoton_kawasemi | 2007-10-03 20:27 | Ⅲ 季節の野鳥/留鳥 Migratory