カワセミkokotonのブログ
kokoton01.exblog.jp
トップ



"Wild Bird Photos Japan" from kokotonPAPA(D-SLR) & kokotonMAMA(Digisco)

by kokoton_kawasemi
About This Blog

◆自己紹介です →

◆【お詫び】写真はプロファイルを反映出来るブラウザで見ていただけると適正表示されます。



【Category in This Blog】

  0.全体 PageTop
  1.カワセミ類 Kingfishers
  2.猛禽類 Bird of prey
  3.季節の鳥/他 migrant / resident
  4.撮影機材 Tools
  5.やさしさ KINDNESS
  6.その他 Others



【kokoton's Blog Links】

( Birders )
  バーダーカワセミさん
  いくさん
  ターさん
  マータンさん
  sakuさん
  N_BIRDERさん
  ごしたいずらさん
  ショウさん
  UYANさん

( Non Birders )
  SiBさん
  inoemonさん
  roseringさん
  HANAZONOさん



<   2006年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
アカショウビン苦戦奮闘
やっと、やっと逢えたアカショウビン、たった一枚の証拠写真。kokotonMAMAのデジスコショットです。
c0048103_2043639.jpg
今年はなんとか逢いたいと決めていたアカショウビンさん。何とか逢ってきました。行けども逢えずが続きましたがある日の朝、二人で分かれて待っている中でkokotonMAMAの側に。ショーはこの一回だけ。何ショットか撮ったkokotonMAMAですが、この一枚だけが何とかなりました。証拠写真ですが、我々にとっては記念すべきショットです。その時のSS、1/3・・・・。スローシャッター得意のkokotonMAMAですが、さすがに他のショットは被写体ブレの山。結局の処、kokotonPAPAの待っていたポイントには一瞬のお出ましだけで、アァ~~!で終わり。(@@)
[PR]
by kokoton_kawasemi | 2006-06-30 20:13 | Ⅰ カワセミ類 Kingfishers
エゾフクロウ :北の地の白い鳥
c0048103_20322183.jpg
北の地で会いたかったもう一つの鳥、エゾフクロウ。皆さんはなんといっても雛狙いのようですが、私は何と言っても親に会いたかった。そして、上のこのショットが今回一番のお気に入り。ちょっと葉っぱに隠れたような気配が何ともいえません。当然あまり動きの無い昼のフクロウさんですが、それでも多少は動きます。

c0048103_20374367.jpg動いて見えるところに行ったり、面白いポーズ(ノビ)をしたり百面相をしたり。(また別途)

けっこう観察していると動きがあって飽きません。そして、初めて見たときの感覚は「思いほのか大きい」でした。
絵ではわかりませんが、オッと! と言う感じです。

まぁ、フクロウ自体初めて見たkokotonですから、大きな事言えませんが。ヾ(^^;

残念だったのは、このノビのシーンに光が当たってしまった事ですね。本当は花曇が良かったなぁ。
c0048103_20421011.jpg
雛にも会うことが出来ました。始めは枝に隠れていたのですが、ヒョコヒョコと出てくれました。やっぱりかわいいですねぇ。
c0048103_2044635.jpg

そして、こちらkokotonMAMAのデジスコショット。やっぱりこの距離はアップでしょ! と言うわけで親と雛です。コンデジのjpgはどうしても少し色再現を作りますので緑が印象的に。
c0048103_20481120.jpg
c0048103_20483247.jpg

[PR]
by kokoton_kawasemi | 2006-06-21 20:53 | Ⅱ 猛禽類 Bird of prey
チゴハヤブサ :北の地の大乱舞
チゴハヤブサが飛ぶ、北の地ではわりと多いとは言うもののそうそう簡単に会えるものではありません。この時は予定外の出会い。やはりハヤブサ系の飛翔は素早く美しいですよね。そして鳴き声が響き渡ります。乾いたこの季節の空気は少し冷たくてからっと、でも日差しは厳しい。
c0048103_11351025.jpg
c0048103_11354036.jpg
この日は少々天候が不安定。青空かと思えば薄曇、そして黒い雲。そんな猫の眼の様な天気にも関係なく飛び始めたらもぅ止まらない。木々の間を、青空を、真上を飛ぶ。その数、なんと5羽。そしてお気に入りの高い木に1・2羽がフワッと留まる。しばし、そんな行動が続きました。


とまり木状況はイマヒトツ良い絵柄になりませんが、kokotonMAMAのデジスコアップならば何とかいける?! と言うわけで、青空抜けの枝とまりはデジスコショットです。
c0048103_11405627.jpg

[PR]
by kokoton_kawasemi | 2006-06-18 11:42 | Ⅱ 猛禽類 Bird of prey
クマゲラ :北の鳥に会いたい
c0048103_19564419.jpg
kokotonMAMAのデジスコ・クマゲラ♀です。この手の距離感だといかにもデジスコらしいショットで撮れちゃいます。状況は原生林、やや暗い中、露出の補正も微妙。・・・って、この状況が実はデジスコの得意とする環境の気がします。おまけにこの時はグリーンをバックにとまって。
やってきたのは、珍しく♀。やっぱり大きいなぁって感じでした。


こちらはkokotonPAPAのショット。実は苦手な寄りのショット。実力未熟なkokotonとしては寄りのショットは絵が作りづらいのです。それに、なんと言ってもこの手の世界ですとkokotonMAMAのデジスコに軍配が・・・・・・。今回は引いたショットが撮れませんでした。
こちらは♂です。頭の上の赤い部分が前から後ろまでありますよね。出会うと感じる、原始林が似合う神秘的な鳥ですね。今回一番会いたかった鳥さんに会えてとても嬉しい一時でした。
c0048103_2052054.jpg
c0048103_14161052.jpg

[PR]
by kokoton_kawasemi | 2006-06-15 20:08 | Ⅲ 季節の野鳥/留鳥 Migratory
アカモズ :番(バンじゃないよ)
あれっ、お腹がやけに白いモズだなぁ・・・・・ってもしかしてアカモズ?! 冷たい霧の流れる中で一瞬見えた姿に驚きです。ちょっと静かに待ってみようかな、ってkokotonMAMAと話していると♀が同じ枝に留まりました。若く見える♂が餌を見つめる中、将に成鳥の♀は葦にいる虫に眼を奪われています。この後、♂は目の前の、♀は葦の餌に飛びつきました。一瞬の出来事、これもまた一興。番(ツガイ)だったのでしょうか。縦位置好きのkokoton的好みのショット2枚です。
c0048103_20531681.jpg
c0048103_205672.jpg

[PR]
by kokoton_kawasemi | 2006-06-07 20:57 | Ⅱ 猛禽類 Bird of prey