カワセミkokotonのブログ
kokoton01.exblog.jp
トップ



"Wild Bird Photos Japan" from kokotonPAPA(D-SLR) & kokotonMAMA(Digisco)

by kokoton_kawasemi
About This Blog

◆自己紹介です →

◆【お詫び】写真はプロファイルを反映出来るブラウザで見ていただけると適正表示されます。



【Category in This Blog】

  0.全体 PageTop
  1.カワセミ類 Kingfishers
  2.猛禽類 Bird of prey
  3.季節の鳥/他 migrant / resident
  4.撮影機材 Tools
  5.やさしさ KINDNESS
  6.その他 Others



【kokoton's Blog Links】

( Birders )
  バーダーカワセミさん
  いくさん
  ターさん
  マータンさん
  sakuさん
  N_BIRDERさん
  ごしたいずらさん
  ショウさん
  UYANさん

( Non Birders )
  SiBさん
  inoemonさん
  roseringさん
  HANAZONOさん



<   2005年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧
Sachtler雲台
ついに来た新しい雲台Sachtler、良い感じですよ。動きも実にスムーズですし、ピタッと留まります。

c0048103_2134655.jpg雲台ザハトラー(Sachtler)DV8/100と付属品全部(パン棒を除く)です。本体と、その左にあるクロスノブ(ボールレベル固定)がDV8です。ちなみに、私はパン棒を使いません。

上が100mmボール受け"GITZO変換リング"。Sachtler特注です。GITZOの脚に使うので同社の100mmボール受けG1424でも良かったのですが、嵌りが浅くなる事を"MIさん"よりアドバイスいただいていたので採用しました。DV8には75mmボール受けの仕様もありますが、滑らかな動きは径が大きい方が優れると思います。

左下は、その上のクロスノブの締め付けリングのオリジナル品です。これも特注品に変更で、事前に交換してくれていました。
それはCリングで固定してあるので専用工具がないと、形状から言ってラジペン等では厳しそうなので助かりました。またオリジナル品はR形状をもっていて、GITZOの100mmボール受けだと微妙な相性をやや感じるところですが、特注品は鍔の立った形状になっており締め付け時の安定性は良さそうな気がします。(そういう意味ではGITZOでもOK?)  また、気分的に硬質樹脂よりも金属の方がいいかもしれません。
現在ではクロスノブは見直して、使い易い様にしています。

その下がロングプレートです。写真では見えませんが、下部は雲台のタッチアンドゴーとのセット部分が削りだしになっていてキッチリと嵌りました。DV8の標準プレート(雲台についています)ではEF800 F5.6L IS USM、EF600 F4L IS USMやEF500 F4L IS USMには固定メスネジ2ヶの間隔が狭く、合わないので必要になります。EF300 F2.8L IS USMや古いEF500 F4.5L USMには標準プレートでピッタリです。クイックシュー(波多野式クイックシューのなんか良いですよね)を使って共有しても良いのですが、途中に挟まるモノが少ない方がベターと考えて専用プレートにしました。
ただ、ロングプレートは2個の固定ネジの内の片方のネジをはめ込む溝幅が狭くて深いのでコイン等では干渉して締まりきらない事、純正のネジは緩みやすい事等問題があります。
いずれにしろプレートは検討が必要。今はFYプレート by 赤岳彫金工房製を使用しています。

せっかく個人輸入して手に入れたウィンバリー雲台ですが、気になるフリクションが全くかからないディメリットは完全に解決した様な感じです。とてもイイ感じです。ウィンバリーのメリットは、完全フリー状態でバランスをとってくれる(ジンバルですから当たり前ですが・・・・)処でしょうか。出番のなくなったウィンバリーは07年7月放出しました。(汗)

DV8をまとめると(偉そうに・・・笑)
①普通の雲台と同じ様にパンとチルトをフリーとロック固定して使える。
②カウンターを強くすると、常にレンズを水平状態に保つようにセットできる。
③  〃    弱くすると、ウィンバリーの様にどの角度でも自然停止できる。

現在まででは最強です。唯一問題はコストでしょうかねぇ。そうそうこの後SBシリーズ変って、09年12月からは、新シリーズです。FSBシリーズとDVシリーズに分かれました。実質的に値下げですね。^^v
そういえば、なぜか業界人は英語読みでサクラーと呼びますよね。

☆ 野鳥撮影機材についてはこちらからどうぞ。
  http://kawasemi.kokoton.net/satsuei/


.
[PR]
by kokoton_kawasemi | 2005-07-03 17:47 | Ⅳ 撮影機材 Tools