カワセミkokotonのブログ
kokoton01.exblog.jp
トップ



"Wild Bird Photos Japan" from kokotonPAPA(D-SLR) & kokotonMAMA(Digisco)

by kokoton_kawasemi
About This Blog

◆自己紹介です →

◆【お詫び】写真はプロファイルを反映出来るブラウザで見ていただけると適正表示されます。



【Category in This Blog】

  0.全体 PageTop
  1.カワセミ類 Kingfishers
  2.猛禽類 Bird of prey
  3.季節の鳥/他 migrant / resident
  4.撮影機材 Tools
  5.やさしさ KINDNESS
  6.その他 Others



【kokoton's Blog Links】

( Birders )
  バーダーカワセミさん
  いくさん
  ターさん
  マータンさん
  sakuさん
  N_BIRDERさん
  ごしたいずらさん
  ショウさん
  UYANさん

( Non Birders )
  SiBさん
  inoemonさん
  roseringさん
  HANAZONOさん



カワセミ・野鳥撮影で使う CANON EOS 7Dmark2 のインプレッション
一言で言うならCANONユーザーで野鳥撮影なら使わない理由は見つからないです

c0048103_65040100.jpgThe notable improvement of being mark II that I felt is the exposure latitude and control. Also AF speed is sufficiently fast, and focusing is more accurate.

That makes me take pics easily than 7D especially in nature field because light conditions frequently change and targets suddenly appear.

The graininess of the image is not improved unfortunately. However in actual fact, 7D mark II is a more efficient camera for me and for you taking pics of wild.

インプレは今まで使ってきた機材が比較対象になっています。
 [ここ一・二年での実使用機種] CANON EOS 7D, 5Dmark3, (NIKON D4)

≪インプレッション≫

■なるほど good!!■

【露出関係の向上】個人的にはこれが一番のポイント!
 古い人間なので露出は生命線ですね。いかに意図した適正露出を得るかが撮影時にはまず脳裏に浮かびます。markIIが気に入ったのは、この点が改善されたからと言っていいでしょう。(通常使用は絞り優先、開けた場所ではマニュアルです)

1) ラチチュード
 ヒストグラムでレンジ内に入ってくれる事が多く確認できています。ダイナミックレンジが広がったと思います。しばらく7Dを使っていませんが、勘違いではないでしょう。7Dは5D3と比べるとヒストグラムがブロードで、特にオーバー側の白トビ対応に神経を使うカメラでした。

2) AE露出精度
 露出が安定しました。7Dは絞り優先AEでの露出オーバー・アンダーへの振れ幅が大きく、常にヒストグラムを確認して露出補正をしていました。ところがmarkIIでは、±0でもそれなりにレンジ内に入ります。露出オーバー側シフトを避けているように感じ、アルゴリズムでも変更したのではないかと思われますが…

【AF関係】AF機能も改善され、5Dmark3よりも良くなっていますね。
1) AF合焦精度
 一番実感できるのは、ごちゃごちゃした中にいるターゲットを捉えるときですね。以前はうまく拾えずにフォーカスが行ったり来たりしちゃいましたが、ピッと押さえてくれる確率が上がりました。これは嬉しいですね。
飛びモノはゾーンと範囲拡大との切替で使っていますが楽になったと思います。(もう少し実証が必要ですが)


2) AFスピード
 速くなりましたね。

3) f8.0 反応性
 開放f8.0(800/5.6に1.4テレコン利用)でも中心一点AF精度とスピードも十分ですね。

【その他】
1) 静音シャッターと連写モード
 手持ち撮影で実力を見せてくれるAPS-Cですが、ブレはとにかく避けたいです。その際に静音シャッターで4コマ/秒の連写はとても嬉しいです。基本的に手持ちでは10コマ/秒は使いませんが、それでもシャッター振動はかなり低いですね。もちろん連写は、動きのあるシーンにAF追従10コマ/秒というのは嬉しいですね。

2) 5D3操作性と整合
 平行して使うので操作性が統一されたのは嬉しい事です。

■やっぱり...か not so good?!■

【粒状性】相変わらずでちょっと残念
 7Dの弱点だった粒状性は変わりません。ISO400で5Dmark3クラスとは言わないまでも、十分な光量でさえ等倍で粒子が気になるのはどうも… ただ、最近はソフトの進化でリダクションをかけても細部が潰れるほど影響されないので、それを使う手もありますね。(個人的には、まだ使っていません。リダクションOFFです)
高感度で使う事は想定していませんが、当然期待薄ですね。(一度確認して追記予定です)
まぁ、実用上で問題がある訳ではないのですが個人的な嗜好性です (笑)


【電池】
 特にII型レンズを使うと、ボデーの制御系も含めてバッテリー消費が増えている気がしますね。そろそろバッテリーに変更が必要なタイミングなのかもしれません。

【フォーカスポイント切替レバー】 ×
 逆送り出来ない、マルチキーと近くて間違える。大した事ではありませんが、個人的にはよく切り替えるので不便です。(マニュアルの読み方が足りないだけ?)


≪使ってみての結論≫ △(7D)→○(7Dmark2)

 1) 比較してみると次の様な感じです。
   [画質]   5Dmark3 > 7Dmark2 (≧ 7D)
   [AF]    7Dmark2 > 5Dmark3 (≧ 7D)
   [それ以外] 7Dmark2 ≧(≒??) 5Dmark3


 2) そしてAPS-C ×1.6倍のパフォーマンス。手持ちで100-400 II型との"使えるセット"はとても重宝していますし、以前は勇気が必要だった800/5.6との組合せもテレコン1.4まで入れて1792mm/f8で使う事も可能です。[例えば、遠くて小さいターゲット]

こうなると、5Dmark3と7Dmark2どちらを使うかはケースバイケースになりますね。
望遠系レンズを使う事が多い人には、よりコストパフォーマンスの優れた一台に進化しました。


☆ 野鳥撮影機材についてはこちらからどうぞ。
  http://kawasemi.kokoton.net/satsuei/


.
[PR]
by kokoton_kawasemi | 2015-06-14 12:00 | Ⅳ 撮影機材 Tools