カワセミkokotonのブログ
kokoton01.exblog.jp
トップ



"Wild Bird Photos Japan" from kokotonPAPA(D-SLR) & kokotonMAMA(Digisco)

by kokoton_kawasemi
About This Blog

◆自己紹介です →

◆【お詫び】写真はプロファイルを反映出来るブラウザで見ていただけると適正表示されます。



【Category in This Blog】

  0.全体 PageTop
  1.カワセミ類 Kingfishers
  2.猛禽類 Bird of prey
  3.季節の鳥/他 migrant / resident
  4.撮影機材 Tools
  5.やさしさ KINDNESS
  6.その他 Others



【kokoton's Blog Links】

( Birders )
  バーダーカワセミさん
  いくさん
  ターさん
  マータンさん
  sakuさん
  N_BIRDERさん
  ごしたいずらさん
  ショウさん
  UYANさん

( Non Birders )
  SiBさん
  inoemonさん
  roseringさん
  HANAZONOさん



ホシガラス #1:避暑先でロケハン
c0048103_161919100.jpg

この処、夏の避暑はいつも同じ所へ。基本的にはノンビリ温泉三昧。(笑)
でも、高度が1,800m以上あるから高山系の野鳥がいますね。カヤクグリ、ウソ、ホシガラス、ホオジロ、等。いつも撮ろうかなって思うのはやっぱりホシガラス。
とりあえずはロケハンに。御馴染みの場所は例によってポツポツと登場するくらい。撮影者もいらっしゃいます。

 「今年の群れはここじゃないね」
 「そうだね、もう実もないよ。探しに行く?」


ここでの撮影は、ホシガラスの群れを探します。巣立った雛を混ぜて、10〜40羽ほどの群れで居る事が多いですね。当りを付けている場所を流しながら探します。しばらくすると山の上を数羽が舞っています。しばし観察。

 「ここかな、いるよ。でも山の上だね、ここじゃダメだね」
 「わかんないよ、降りるかも。餌採ってる?」
 「なんだかわかないけど、ずいぶん飛び回ってるね」


その数は30羽程度。一羽二羽と下の斜面に急降下を始めました。次々と羽をたたんで猛スピードです。ホシガラスとは思えませんね。様子を見ている私達の真横も急降下して行きます。そしてしばらく待っていると今度は山の上に戻ります。とりあえずカメラを出します。

 「間違いないね、餌を咥えて下に降りるね。こんなの初めてだね」
 「みんなで一斉に降りるのね。横 飛んだ時すごい音だったよ。あっ、そこにいる (笑)」
 「あれれ、ホントだ。フォーカスのリミット切らないと撮れないよ」


上に戻る際はゆっくり、私達の目の前10m以内の木にも平気でとまります。こういう状況では、人間にはお構いなしに餌捕りと飛翔に明け暮れています。
とりあえずはアップを納めてロケハン終了。アップだと せっかくの自然の中の広がりが出せません。
撮りたい情景は、翌早朝と夕暮れ時に来る事にしました。
c0048103_16185842.jpg


写真をクリックすると大きめで見ていただけます
CANON EOS 5Dmark3
EF800mm F5.6L IS USM

[PR]
by kokoton_kawasemi | 2012-08-17 16:26 | Ⅲ 季節の野鳥/留鳥 Migratory