カワセミkokotonのブログ
kokoton01.exblog.jp
トップ



"Wild Bird Photos Japan" from kokotonPAPA(D-SLR) & kokotonMAMA(Digisco)

by kokoton_kawasemi
About This Blog

◆自己紹介です →

◆【お詫び】写真はプロファイルを反映出来るブラウザで見ていただけると適正表示されます。



【Category in This Blog】

  0.全体 PageTop
  1.カワセミ類 Kingfishers
  2.猛禽類 Bird of prey
  3.季節の鳥/他 migrant / resident
  4.撮影機材 Tools
  5.やさしさ KINDNESS
  6.その他 Others



【kokoton's Blog Links】

( Birders )
  バーダーカワセミさん
  いくさん
  ターさん
  マータンさん
  sakuさん
  N_BIRDERさん
  ごしたいずらさん
  ショウさん
  UYANさん

( Non Birders )
  SiBさん
  inoemonさん
  roseringさん
  HANAZONOさん



CANON 5Dmark3で野鳥撮影インプレ
CANON 5Dmark3を遅ればせながら7月の初めに購入しました。ホントに久しぶりのカメラです。
'12/8〜11 インプレッションを追記、見直しあり】
c0048103_7354748.jpg
過去最高のボデーはCANON 1DsMark3でしたね。あの解像感とダイナミックレンジの広さは今でも忘れられません。暗い所が撮れずとも、連写性能が低くとも、ミラーショックがデカくとも、あの階調豊かな描写の素晴らしさにはかないません。それなのに なぜ手放したかは別ページに書いた通り。
今回の5D3に期待したのは1Ds3のそれでした。要は写真を決定する階調の良い、ダイナミックレンジの広いメイン機が欲しかった。

CANON 5Dmark3 の初期インプレッションは、基本的に現在使用中のCANON 7D, NIKON D3Sとの比較です。但し、長玉がCANONは800/f5.6(←インプレあり)、NIKONが600/f4.0と明るさに差がありますのでAFのインプレは正確に比較出来ません。(撮影はRAWのみ、ムービーはこれから)


【1 機能:良いね】
 ◎ 期待したダイナミックレンジはかなり広く階調は滑らか。期待以上。
 ◎ 露出ズレ?のミスが少ない。DLの広さがあるので大きくレンジから外れない
 ◎ シャッターブレが少ないミラーアクション。特に静音シャッターは今までで一番
 ◯ 7Dに較べると重いけど、NIKON D3Sに較べれば軽い、良いバランス
 ◯ バッテリーグリップの縦位置での操作性が向上している
 ◯ 高感度特性はNRを使えば精細さとのバランスで、1600までは我慢できそう。
 ◯ビデオ機能はかなり良さそう(暗い所でも荒れずに撮影出来る)

 ★階調優先の絵作りが楽しめる。


【2 機能:イマイチ】
 × ボタン配置は7Dに近いのに操作が異なる?! (撮影後の画像拡大や、測距エリア選択方法、他)
 × シャッター音 (7Dや5D2の様なパシャパシャ感はないけど)
 △ AFの作動時に僅かなタイムラグを感じる
 △ 7Dに近いギトギト系の色出し (SilkyPixを使用時)
 △→◯ AFに大きな改善なし。改善は見られる。特にAFゾーン設定での飛びモノ(背景近い)の掴み。
    ・800mm/f5.6では61点高密度レティクルAFは使えない(期待は低いが、面白くはない)
    ・  〃      フォーカスリミットをかけないとAF動作は異常に鈍い(レンズの問題ですが)
 △ 質感は改善されて来ているけど、コストに見合わない感じがする


c0048103_7362062.jpg5D3(右)と7D(左)の背面写真。良く似てますよね。

でも操作性がけっこう違っているんですよね。撮影時で戸惑うのは「AF測距エリア選択」、画像再生では「拡大・縮小」が大きく違いますね。併用しているので困るんですよね。でも5D3の方が直感的に使い易いかもしれない。

バッテリーグリップがかなり違いますね。これはかなり改善されています。でも、価格もアップ。



【3 設定について】
 [ピクチャースタイル] とりあえず現在は以下設定でDPP試用中です。なるべくフラット傾向になる様に。
 ・コントラスト: - 4 (最低まで落としています)
 ・色合い   : 0 (ナチュラル設定です)
 ・シャープ  : 2 (スタンダードより1段下げています)

 [オートフォーカス] 次の設定です。他機種と同じ様には行けそうです。
 ・AIサーボ特性の設定 : 汎用性の高い一般的な設定(変な設定があるものですね)
 ・AFの測距エリア設定 : ピンポイント(7Dもピンポイント、D3sは9点)
              但し、飛びモノはゾーンAF
興味あるのはCase6「被写体の速度変化と上下左右の動きが大きい時」のAIサーボ設定で、領域拡大AF もしくは ゾーン任意選択AF でどうかですね。背景が近いケースでは使えませんでした。「汎用性の高い一般的な設定」でゾーンAFは改善されていますね。
D3sの9点で、合焦ポイントだけが赤くインジケートするのはとても良いのでCANONでもそうして欲しいな。5D3だと合焦時には設定全点が光るだけ。ゾーンだと何処が合焦しているかわからない。


【4 野鳥撮影と5Dmark3適性】
 1- 連写が6コマ/秒と言うのは問題があるか? → 049.gif
  (飛出しとかカワセミのチャッポンとか撮らないから、個人的には秒5コマ以上あれば十分)
 2- 2,200万画素は十分か? → 049.gif
  (1Ds3のB0版写真で粒子が見えないから十分、だいたいB0なんかしない。A3なら1,000万画素で問題なし)
 3- 飛びモノのAF性能が満足いくか? → 050.gif049.gif
  (大きな改善なし。最新機種だから期待はずれと言う事になる。f2.8レンズでは素晴らしかった)
   ↓
   後日飛びモノを撮影。800/f5.6、ゾーンで追ったところ、背景近くでもかなり安心してターゲットをとらえた

 ★現状こちらEOS 5D Mark IIIがメイン機です。ダイナミックレンジと色再現がいいですから、期待通り!
 ★また、次のパターンの撮影には満足度は低いかもしれません。
  ・とにかく連写撮影優先 ・飛びモノ主体撮影でピントはカメラを信じる → 【見直し】けっこう行けました


【5 機材と写真の関係】
カメラを変えたって実力は上がりゃぁしません。自己満足だけです。何で撮っても腕は同じだから。それよりも撮りたい写真のイメージの貧困さを克服しなきゃ。
イメージ以上のものはアウトプットできないもんね、たとえ撮れていても理解の範疇外になっちゃう。(笑)


【6 5Dmark3でこれから何をやる】
c0048103_1584256.jpgとにかく、次はムービーにチャレンジ! 

外付けマイク(audio-technica AT9941)、入手しました。やっぱり単一指向性とステレオは要るでしょ。
ビデオやってる、っていう気配もね ヾ^^;

ちなみにヘッドフォンは音楽用(個人的室外使用)のSony MDR-7506 を流用しています。音楽等、そちらの関係はkokotonPAPAのメインブログへどうぞ。

フルハイビジョンのムービーは思いのほか楽しいですね! 

☆ 野鳥撮影機材についてはこちらからどうぞ。
  http://kawasemi.kokoton.net/satsuei/


.
[PR]
by kokoton_kawasemi | 2012-07-22 07:45 | Ⅳ 撮影機材 Tools