カワセミkokotonのブログ
kokoton01.exblog.jp
トップ



"Wild Bird Photos Japan" from kokotonPAPA(D-SLR) & kokotonMAMA(Digisco)

by kokoton_kawasemi
About This Blog

◆自己紹介です →

◆【お詫び】写真はプロファイルを反映出来るブラウザで見ていただけると適正表示されます。



【Category in This Blog】

  0.全体 PageTop
  1.カワセミ類 Kingfishers
  2.猛禽類 Bird of prey
  3.季節の鳥/他 migrant / resident
  4.撮影機材 Tools
  5.やさしさ KINDNESS
  6.その他 Others



【kokoton's Blog Links】

( Birders )
  バーダーカワセミさん
  いくさん
  ターさん
  マータンさん
  sakuさん
  N_BIRDERさん
  ごしたいずらさん
  ショウさん
  UYANさん

( Non Birders )
  SiBさん
  inoemonさん
  roseringさん
  HANAZONOさん



チョウゲンボウ♀とハイチュウ♀ (D3sのAFインプレ)
草原は冬の猛禽のメッカですね。今年初めての巡礼ではハイイロチュウヒの♀に会う事が出来ました。フワフワと飛ぶ様子は将に草原系猛禽そのもの。時折ヒュンって低い位置から急降下してハタネズミなんかを狙っています。
でもそこに現れたのはチョウゲンボウの♀。同じ縄張りなのでモビングします。いきなりの高速アタック。反撃に出るハイチュウ♀。でもやっぱり攻撃チョウゲンボウの方が上の様でした。追い立てた方のチョウゲンボウがそのまま飛び去るとハイチュウはまたしっかりと餌探しを続けていましたけどね。ヾ^^;
c0048103_2181179.jpg
c0048103_2185485.jpg
c0048103_2191692.jpg
c0048103_2110677.jpg
『追記』D3sで飛びモノを狙った際のAFインプレです。
(上の写真は空抜けなので、カメラが勝手に合焦しちゃいます。インプレは背景有りの場合の話です)

【AF捕捉率】51点AF(D3s)=ゾーンAF(7D)=中央1点AF(1Ds3)ですね。と言う事はEOS-1Ds3では中央1点で神経を使って飛びモノを撮っていたのが、7Dで中央辺り、そしてD3sではAFエリアないならOKと言う感じです。楽になった感じがしますね。
【AF抜け】いずれも大差無し。捕まえるのが楽になったD3sが有利では有りますが、実感としてはバックがある飛びモノでは同じ様なもの。いずれにしろ抜けたら簡単には戻りません。感度を調整して助かるのは手前に邪魔物があるときの事。
【結果】D3sは優れていますが、止まっているものと同じ様に楽勝なんて事はあり得ません。^^ゞ


クリックして大きめの絵でご覧下さい ^^v
NIKON D3S
AF-S NIKKOR 500mm F4G ED VR
TC-14E II

[PR]
by kokoton_kawasemi | 2009-12-26 21:14 | Ⅱ 猛禽類 Bird of prey